nh_002
nh_002 nh_002

【限定醸造 蔵元渾身の生もと造り!芳醇な味わいの純米酒】旭菊 生もと純米酒

日本酒/生酛づくり純米酒

限定醸造の「生酛(きもと)造り」純米酒。
きれいな酸の効いた造りで、奥深く複雑な味わいが楽しめます。
特に燗をつけた時の、酸がほどける感じというか、甘みがでてくる感じは感動ものです!
生酛はコッテリとして重たいからイヤだとおっしゃる方にこそ試していただきたい、キレイな味わいの生酛です。ぜひ、ダシの効いたお料理と合わせて、繊細なうまみをお楽しみください。

商品名 旭菊 生もと純米酒
蔵元 旭菊酒造(福岡県久留米市)
原材料 米(福岡県産「山田錦」)、米麹
精米歩合 60%
アルコール度 15度
内容量 720ml、1800ml
体裁 はだか瓶
旭菊 生もと純米酒(H28BY)1800ml
在庫状態 : 在庫有り    ¥3,520(税込)
数量
旭菊 生もと純米酒(H29BY)720ml
在庫状態 : 在庫有り    ¥1,760(税込)
数量
 

『BY(醸造年度/Brewery Year)』について

7月1日から6月30日で区切った一年間を「醸造年度(BY)」といいます。
たとえば「H30BY」と表記のある日本酒は、平成30年7月~令和元年(平成31年)6月の間につくられたものを表します。ワインでいうところの「ヴィンテージ」ですね。
ですので、数字が大きいほど新しい(若い)酒、逆に数字が小さいほど熟成した酒(古酒)ということになります。

《で、どれを選べばいいの?》
同じお酒でBYの違うものがある場合、どれを選びますか?
基本的には新しいものを選べば間違いないと思いますが、「BY」を表記している蔵元のお酒は、熟成させることでどんどん味が乗っておいしくなることも多いので、BYの古いお酒を手にされて、奥深い熟成酒の世界に触れてみるのも面白いんじゃないでしょうか。