nh_049
nh_049 nh_049

【伝統的であり普遍のうまさ!クラシックな味わい】旭菊 生もと(きもと)純米クラシック

日本酒/純米/生酛

福岡県で開発された酒米「夢一献」を原料にした生もと(きもと)造りの純米酒です。
生もと造りということで、やはり酸は高めに出ているようですね。旭菊の綺麗でやわらかな味わいを酸がキリッと引き締めてくれるようなイメージでしょうか?
冷や(常温)でももちろん美味いですが、これは燗をつけてそのキレの良さを味わっていただきたいです。(冷蔵庫で冷やしちゃもったいないです。)こちらの「山田錦の生もと」と飲み比べるのも面白いかもしれません。
流行に左右されず本当に美味い酒をつくる旭菊酒造にピッタリなネーミング。旭菊“クラシック”をぜひお試しください!

商品名 旭菊 純米生もとクラシック
蔵元 旭菊酒造(福岡県久留米市)
原材料 米(国産)、米麹(国産米)
原料米 夢一献100%
アルコール度 15度
精米歩合 65%
内容量 1800ml
体裁 はだか瓶
旭菊 生酛純米クラシック(H27BY) 1800ml
在庫状態 : 在庫有り    ¥2,700(税込)
数量
*熟成酒*旭菊 生酛純米クラシック(H26BY) 1800ml
在庫状態 : 在庫僅少    ¥2,700(税込)
数量
 

『BY(醸造年度/Brewery Year)』について

7月1日から6月30日で区切った一年間を「醸造年度(BY)」といいます。 たとえば「26BY」と表記のある日本酒は、平成26年7月~平成27年6月の間につくられたものを表します。ワインでいうところの「ヴィンテージ」ですね。
ですので、数字が大きいほど新しい(若い)酒、逆に数字が小さいほど熟成した酒(古酒)ということになります。

《で、どれを選べばいいの?》

同じお酒でBYの違うものがある場合、どれを選びますか?
基本的には新しいものを選べば間違いないと思いますが、「BY」を表記している蔵元のお酒は、熟成させることでどんどん味が乗っておいしくなることも多いので、BYの古いお酒を手にされて、奥深い熟成酒の世界に触れてみるのも面白いんじゃないでしょうか。